2016 日本大学通信教育メディア講義_民法I MA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2016年日大通信メディア前期MA民法Iの最終試験レポートです。参考程度に止めてください。剽窃は厳禁です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2016年通信教育メディア講義 民法I MA
    最終試験レポート 2016年6月17日
    要約
    制限行為能力者制度と取引の相手方の保護についてのレポート
    2016年通信教育メディア講義 民法I MA
    最終試験レポート 2016年6月17日
    要約
    制限行為能力者制度と取引の相手方の保護についてのレポート
    2016年通信教育メディア講義 民法I MA 最終試験レポート
    権利能力・意思能力・行為能力の関係
    すべての自然人は出生したときから、当然に、一人の人間として私法上の権利・義務の帰属主体となる地位・資格を持つことが認められる(民法3条)。これを「権利能力」という。しかし、自由に形成された自分の意思を他人に伝達して法律的な関係を作るには、さらに自分自身で意思決定のでき得る能力、すなわち、自己の行為の結果を弁識するだけの精神能力を持っていることが必要で、民法ではこのような能力を意思能力と呼ぶ。たとえば精神等に異常があり正常な判断ができない人のことを意思無能力者と呼ぶが、その意思無能力者が他人と契約を締結したとしても、その契約自体効力を持たず無効、つまりそれに基づく法律関係は一切発生しない。ただ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。