2015年日大通信教育部 秋期夜間スクーリング刑法II試験問題&解答

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数235
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年日大通信秋期夜間スクーリング刑法IIの最終試験問題とその解答例です。(合格済み)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2015 年秋期夜間スクーリング
    刑法 II (刑法各論)試験問題と解答
    全 3 問解答すること。
    小問(1) 財産罪における財物の意義について具体例を挙げつつ説明せよ。
    参照:通信テキスト 123 頁
    キーワード:
     有体物説
     管理可能性説
     交換価値(金銭価値)
     消極的価値
    【解答】
    第一 財物の意義
    財物とは、所有権の対象となるだけでなく、一定の財産価値を要するものでなくてはならな
    い。しかし、そこでは、客観的価値のみならず、客観的な交換価値を有しない主観的価値も考
    慮されるべきである(東京高裁判昭 28.9.18 )。したがって、古いラブレターや、旅行先で拾
    った小石なども、主観的価値が認められる限り財物にあたる。
    第二 財物は有体物に限るか
    民法 85 条は、物を有体物と定義するが、財物とはこれに限られる(有体性説)のか。ま
    ず、エネルギーを盗用する者を取り締まる必要があるから、管理可能な物は財物とすることが
    考えられる(管理可能性説)。このことは、電気を財物としている(刑法 245 条)ことからも
    窺われる。しかし、財物が物という概念..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。