地域福祉の理論と方法① 社会福祉協議会の基本的性格や機能及び課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数448
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉協議会とは、地域住民のボランティア、福祉・保健などの関係者、行政機関から協力を得ながら、福祉のまちづくりを目指す民間の組織である。
    その設立は昭和26年(1951年)、民間の社会福祉活動を強化することを目的に、都道府県に設置された。その後、市町村にも設置され、住民の参加を呼び掛けながら地域福祉活動の推進を中心に、その役割を現在まで一貫して担っている。
    民間組織としての自主性と、地域住民や福祉・保健関係者に支えられた公共性という2つの側面をあわせもった、民間非営利組織である。
    その社会福祉協議会の基本的性格は4つ。
    ①構成 地域住民、福祉・保健・教育・医療な様々な分野の関係者、地域社会を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。