相談援助演習③ アドボカシーについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数249
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーカーが行うアドボカシーとは、ソーシャルワーカーが自らの持つ知識と技術を使って、行政や社会福祉機関などのサービス提供主体に対して、利用者が最も適切で最良のサービスが受けられるように、柔軟な対応や制度の変革などを求めていく一連の活動のことである。
    一方、近年は独居や認知症などの高齢者に対する詐欺事件、財産侵害、差別、虐待などの権利侵害の事例が多く見受けられる。また、児童に対する児童虐待や女性に対するセクハラやドメスティック・バイオレンスなども頻繁にマスメディアで取り上げられるようになった。
    こういった社会的に不利な立場、弱い立場にある人々に対する権利侵害の実態を明らかにしつつ、その権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。