相談援助演習① バイスティック7原則

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数262
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バイスティック7原則のひとつ、「意図的な感情表出の原則」とは、利用者自身が抱いている考えや感情を肯定的なもの、否定的なものを問わず自由に表現できるように支援すること。
    「統制された情緒的関与の原則」とは、利用者の考えや感情を受容し、理解し、共感しながらも、その感情に左右されないように自分自身の感情を制御しつつ、的確な支援をすること。
    上記2つの原則のうち、後者の「統制された情緒的関与の原則」の具体例として、私が特別養護老人ホームでユニット主任ケアワーカーとして勤めていた時の出来事がある。
    相談者は私がリーダーを務めるユニットの女性ケアワーカーである。
    とある日、夜勤で出勤してきた際、ひどく憤慨..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。