相談援助の理論と方法② 様々な実践モデルとアプローチ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数429
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エンパワメントアプローチ
     エンパワメントアプローチとは、対象者のもっている力に着目し、その力を引き出して積極的に利用、援助することをいう。
    ソーシャルワークにおいてエンパワメントという言葉は、1976年B.ソロモンの著書で使用されて以降、今日に至るまで、ポストモダニズムの潮流に沿い、障害者運動、セルフヘルプ活動などの影響を強く受けてきた。
    また、ソーシャルアクションの重要性を説いたレイノルズの思想と実践、マルシオのコンピテンス概念を摂取し、さらにはストレングス、リジリエンス思考、リカバリー概念等と親和性を持っている。
    近年、国際ソーシャルワーカー連盟・ソーシャルワーカー学校連盟によるソーシャ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。