【平成27、28年度】【日大通信】特別活動論(分冊1)、A評価、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数380
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】中学校における現行の「特別活動」の目標に若干言及しつつ、それに沿って「学級活動」の目標、内容、内容の取扱いについて論述しなさい。
    【ポイント】週一時間行われる学級活動は、生徒にとって楽しい学校生活を送る上でどういう意味を持つのか。
    【キーワード】特別活動の目標分析、学級活動の目標、内容、内容の取扱い
    中学校の特別活動の目標は、中学校学習指導要領において「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団や社会の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、人間としての生き方についての自覚を深め、自己を生かす能力を養う」とある。現代社会に生きる子どもたちは、社会の変化から、好ましい人間関係を築けない、自己肯定感の低下、将来への不安など、多くの問題を抱えている。以上のような問題を背景に、学校という学級集団、異年齢集団の中で、「望ましい集団活動」を中核に、個人的・社会的な資質を育成し、自主的、実践的な態度の育成、人間としての生き方をかえりみるという目標になっている。
    特別活動は中学校の場合、学級活動、生徒会活動、学校行事の三..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。