【平成27、28年度】【日大通信】教育の方法・技術論(分冊1)、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数242
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】よりよい授業計画を作成し、効果的な授業を実施するにはどのような工夫が必要か、教育方法学上の多くの観点から考察し、論述しなさい。
    【ポイント】教材研究や学習指導案の作成方法について考察すると同時に、授業形態の変遷や学習集団の編成等について考察し、よい授業とは何かをまとめることが重要である。
    【キーワード】授業形態と集団の編成・指導、授業技術、教材研究、学習指導案
    【参考文献】「教育方法学」佐藤学著(岩波書店 1996)
    「教育の方法と技術」柴田義松、山崎準二貯(学文社 2005)
    まず初めに、よい授業とは、一般的に生徒が指導内容を明確に理解できている状態を指す。ところが現実の学校教育現場ではどうであろうか。教員の一方通行の授業になり、生徒の自発性が損なわれてはいないだろうか。教員はよい授業を提供するには、まず生徒の興味・関心・意欲を引き出す必要がある。その上で、知識・能力を身に着けさせる必要があると言える。そして、そのためには念入りに授業を計画し、実際の授業内でもあらゆる工夫をすることが重要である。
    まず、授業の準備についてである。教員は授業計画を練る前に、生徒の当該教科に関する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。