【平成27、28年度】【日大通信】【1回目で合格】英米文学概説(分冊2)、A評価、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数496
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】教材の第5章を読んで、William Shakespeareの劇について著者が主張する特質を、作品から引用しながら、小説の場合と比較しつつ、論述しなさい。
    【ポイント】教材をよく読んで理解し、課題に沿って、自分の言葉で解答すること。論述の際、見出しを付けたりしないこと。文学作品の例は原文を引用し、それに基づいて論述すること。
    ※本課題は書き方(特に引用部分)に注意する必要があり、一回目の提出で「合格」をもらうための注意事項を下記に纏めております。
    筆者は著書の中で、劇を”a composite art”と呼んでいる。確かに、劇は小説とは異なる多様な要素が混合して成立している。小説の文章をただ読んでも、あまり刺激的でないが、劇中では役者の演技によって、登場人物の気分や感情の変化を感じることができる。経験豊富で知識のある読者であれば、劇中のことを小説からでも読み取れるだろう。劇と小説には類似点があると議論されることもあるが、両者を突き詰めて考えていくと違いに気づくことができる。筆者は、Shakespeareの劇の特徴について、物語の背景の表現方法、登場人物の性格の描写方法、構成、雰..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。