【平成27、28年度】【日大通信】英文法(分冊1)、S評価、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数341
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】英語の未来表現について、具体的な例文を提示しながら群述しなさい。(通信教育教材はもとより、他の文法書を必ず参照すること。なお、具体例の提示がないもの、1900字未満のレポートは認めません。)
    【ポイント】英語の未来表現(単純現在時制、will/shall、現在進行形、be going to、will be -ing)について、具体的な例文を示しながら、各々の表現の特徴や違いを過不足なく論ずることが大切です。
    【キーワード】単純現在時制、will/shall、現在進行形、be going to、will be –ing
    【参考文献】『英文法解説(改訂三版)』江川泰一郎著(金子書房) 他。
    英語の未来表現は、「まだ存在しないあやふやな状況」なので、話者の確信の度合などに応じた様々な表現が存在する。本論では【1】現在形(単純現在時制)、【2】willとshall、【3】現在進行形、【4】be going to、【5】will be -ing 、【6】その他の用法について順に群述する。
    【1】現在形(単純現在時制)である。未来表現における現在形は2つの意味を表す。①確定した未来の予定・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。