【平成27、28年度】【日大通信】英語音声学(分冊2)、S評価、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数570
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】次の2問について答えなさい。
    英語の強勢について、多くの例をあげて説明せよ。
    英語の音調について、例文をあげて述べよ。
    【ポイント】
    1 語、句、文の強勢に関する知識
    2 音調群および音調についての音声学的理解
    【参考文献】「英語音声学の基礎」(研究社)
    英語を発音する際の特徴は強勢があることである。強勢は大きく語・句・文に分類される。初めに語強勢とは、単語を形成するいくつかの音節にある強勢のことを指す。英語においては全ての語が第一強勢を持つ。下記は、複数の音節を持つ語における強勢の具体例である。2音節語①corner②context③ago④antique 3音節語①animal②appetite③direction④athletic⑤tobacco⑥afternoon 同じ語でも品詞によって強勢が異なる。名詞または形容詞record動詞record 同じ語でも米音と英音で強勢が異なる。米音dictionary英音dictionary もとの語と派生語との間で語強勢の移動が起こる。もとの語japan派生語japanese 接尾辞の中には決まった強勢の型を持つものがある。ここで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。