【平成27、28年度】【日大通信】教育相談、教育カウンセリング論(分冊1)、A評価、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数239
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】①~④までの課題すべてについて論述せよ。
    カウンセラーに求められる基本的態度について論述せよ。
    教育相談の意義・目的、その必要性について論述せよ。
    学校教育相談の歴史と理念、学校教育相談が必要とされる背景・要因を論述せよ。
    学校教育相談の担当教師が相談する、児童生徒の諸問題にはどのようなものがあるかについて論述せよ。
    【ポイント】教育相談がなぜ必要とされるのか、学校教育相談は、どのような目的で行われるのか、カウンセラーのとるべき態度などについて適確に論述を行うこと。
    【キーワード】カウンセリング、学校教育、発達課題、人格形成、自己決定
    【参考文献】『改訂 生徒指導・教育相談・生徒指導』野々村新ほか編著 2012.1月
    カウンセリングは人と人との対話を基本としており、そこには信頼関係が築かれていることが重要である。またカウンセリングの目的は、クライアントの自己決定を援助することである。そのため、カウンセラーには以下の基本的態度を必要とする。①純粋(嘘や偽りがなく、クライアントと純粋に向き合うこと)②受容(クライアントの否定的な感情も肯定的に受け止め、ありのままの姿を温かく受け入れ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。