S0831障害教育総論2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数323
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評点はCです。 テキストの理解は不十分 努力項目としては参考文献・引用注の記載がないことだそうです。 所見は①文献はテキストのみであっても記載すること ②現状認識の内容が極めて不十分であるこの点を留意して作成するとよりよいリポートになる とのことです。

    A評価を取りたい方は参考にするといいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0831 
    障害教育総論
    第1設題
    ① かつて「特殊教育」についてどのような「現状認識」があったか、そのような現状認識からどのような「基本的方向性」が示されたか。そして「特別支援教育」とはどのように「定義」されているのか具体的に述べよ。
    (1)「特殊教育」の「現状認識」
    障害の程度等に応じ特別の場で指導を行う「特殊教育」であった。
    「今後の特別支援教育の在り方について」より
    (2)「特殊教育」の「基本的方向性」
     基本的な考え方は次の通り
    1.ノーマライゼーションの進展に向け、障害のある児童生徒の自立と社会参加を社会全体として、生涯にわたって支援することが必要
    2.教育、福祉、医療等が一体となって乳幼児から学校卒業後まで障害のある子ども及びその保護者等に対する相談及び支配を行う体制を整備することが必要
    3.障害の重度・重複化や多様化を踏まえ、盲・聾・養護学校等に積極的に対応する必要
    4、児童生徒の特別な教育的ニーズを把握し、必要な教育的支援を行うため、就学指導の在り方を改善することが必要
    5.学校や地域における魅力と特色ある教育活動等を促進するため、特殊教育に関する制度を見直し、市町..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。