Z1109 生徒指導・進路指導の研究 科目最終試験6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数225
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1109 生徒指導・進路指導の研究の科目最終試験6題セットです。
    2015年合格済みです。
    テキストの内容をまとめて作成しています。
    自分なりの文章に作り直してこれだけを何度も
    読んで書いてするだけでOKかと思います。
    学習の参考にしていただけたら幸いです。
    参考文献:教職問題研究会『教科外教育の理論と実践Q&A』2002年 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.教科教育と教科外教育とはどのような関係にあるかについてまとめ、その構造と課題について述べよ。
     教育の大きな目的とは「知的文化遺産の伝達」と「人格の陶冶」であるといわれている。知識や技能を修得することと同時に、広く人格を完成させることを目的とした営みであり、そのため学校においては授業を中心とした教科教育だけでなく教科外教育も重視される必要がある。
     教科教育はカリキュラムに基づいた教科書と年間・月間授業計画、日々の授業の指導案がある。また教科を担当する教員も免許状によって一定の資格が定められている。教科教育における構造は目標や計画、担当などが明確なものであるといえる。
     一方、教科外教育の構造は計画や教科書、担当教員などがなく漠然としている要素が多い。教科教育が知的な側面を育て鍛えるという要素が大きいのに対して、教科外教育の目標は「望ましい人間形成」を目標としているためである。
    教科外教育には二つの活動内容がある。一つは意図的、限定的な活動、もう一つは無意図的、広領域鄭活動である。前者は生徒指導や進路指導、教育相談といった教育活動や、特別活動、道徳教育といった時間が挙げられる。後者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。