Z1101 学校教育職入門 科目最終試験 6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数482
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1101 学校教育職入門の科目最終試験6題セットです。
    2015年合格済みです。
    テキストの内容をまとめて作成しています。
    自分なりの文章に作り直してこれだけを何度も
    読んで書いてするだけでOKかと思います。
    学習の参考にしていただけたら幸いです。
    参考文献:教職問題研究会 『教職論:教員を志すすべての人へ〔第2版〕』2004年 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1いじめや不登校といった、現代社会の教育諸問題について対処していくためには、教師にどのような資質や適性が求められるのか具体的に述べよ。
     いじめに対して教師が最も注意しなければならないことは、まずはいじめ自体を起こさせないこと、深刻化させないことである。いじめが起こらないような集団の構造を作るのも大きな役割の一つだ。その為には教師は児童生徒と適切な関係を築いておくこと、児童生徒同士の関係も適切なものに保つことが重要である。いじめの構造はしばしば教師の差別的な態度を児童生徒が模倣して助長することもありうるので、教師は自身の児童生徒との関係を見直さなければならない。
     いじめが発生した際にはまず何よりもいじめられた子を守ることである。いじめられる側にも悪い点があると主張しがちではあるが、これはいじめを正当化する誤った論理であり、教師も正当化を無意識に強化しないよう注意が必要である。教師はどんな理由であれいじめは悪いことであるというメッセージを加害者に伝えなければならない。いじめが深刻化した場合は出席停止などの厳しい対応も視野に入れ、いじめをなくすという毅然とした姿勢が求められる。いじめた子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。