Z1104 教育社会学1 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数10
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教育社会学1Z1104

    代表キーワード

    教育社会学1Z1104

    資料紹介

    本リポートは佛教大学通信課程の教育社会学1(Z1104)のリポートである。

    設題は、「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて、学力の視点から述べてください。」である。

    ちなみに判定はAでした。

    本リポートを丸々コピペすることは禁じられており、また近年はそういうことを発見するソフトも開発されておりますので、あくまで参考にしていただければ幸いかと存じます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて、学力の視点から述べてください。
     「高学歴をもたない人物が出世すると、世間は拍手喝采する」。しかし、これは学歴社会に対する生理的嫌悪に代表されるような感情論である。本論では、このような感情論ではなく、学問的に学歴社会を検討し、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて、学力の視点から述べていきたい。
     学歴社会とは、社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会を意味すると考えられている。この学歴社会は、これまでの日本においてあまり良いイメージではなかった。それは、人間の「本来の資質」を考慮せず、うわべの「勉強できるかどうか」だけでその人間を評価するという認識であったからである。
    しかし、学歴社会になっていくのは、それなりの必然性があった。学歴社会は、明治維新政府が「富国強兵」に代表される欧米へのキャッチ・アップを意図した国家目標の達成のために、各分野における優れた人材の養成・登用のシステムが必要であると判断した結果、確立した一種の教育思想である。しかし、このシ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。