中央大学法学部通信 憲法第一課題 評価B 法の下の平等について、判例の動向を踏まえながら論じよ

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数757
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法の下の平等について、判例の動向をふまえながら答えなさい。
    本門では、憲法14条1項と民法733条1項、民法904条4項但書の関係性を判例の動向をふまえながら述べることとする。
    まず、憲法14条1項の「法の下の」平等は法内容の平等までも要求するものであり、立法者を拘束するものである。なぜなら、平等原則は憲法以前の自然法に基づくものであり、内容が不平等な法を平等に適用することは平等権の天賦人権性に反するからである。
    次に、憲法14条1項にいう平等は、合理的差別を許容するものか問題となる。
    この点、合理的差別を許容する相対的差別を意味する。なぜなら、人間は元来、差異を有する者である以上、これを無視して均一な取り扱いを貫くときは、かえって実質的不平等を招き、平等原則の意義を損なうことになるからである。
    そして、合理的差別か否かの判断は、憲法の民主主義的理念に照らして合理性を有する差別かどうかにするのが妥当であるすなわち、14条1項後段の人種・信条・門地による差別や精神的自由権は、やむにやまれぬ公益目的のために、別異の取り扱いが必要不可欠かを問う厳格な審査基準が必要である。後段列挙自由について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。