中央大学法学部通信法学第二課題 評価B 近代市民法の修正について述べなさい。

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数657
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2015年度 中央大学法学部通信第二課題 評価B 近代市民法の修正について述べなさい。
    まず、どの様にして近代市民法が生まれたのかについて述べる。
    歴史的背景としてフランス革命前のフランスでは、国民は三つの身分に分かれ、第一身分は僧侶、第二身分は貴族、第三身分は平民からなっていた。第一身分と第二身分は大きな特権を持っていたため、第三身分は不満を抱き、不合理な社会の秩序を打破し、自由な生活を営みたいという希望に満ちていた。
    第三身分は、1789年7月14日バスティーユ牢獄襲撃を起こすと、暴動は全国に広まり、8月4日暴動を恐れた第一、第二身分は封建的特権の廃止を宣言した。
    自然法とは政府などが法を制定する前から自然に存在するとされる法であり、自由権・平等権などの自然権を保護するものである。19世紀に入ると自然法主義から法実証主義が支配的法思潮となった。法実証主義の基本的特徴として、a)自然法排除の実定法一元主義 b)実定的法体系の自足完結性のドグマ、 c)法的諸概念の論理的・客観的分析 d)法学の分野からの非実定法価値判断からの排除 e)法と道徳の効力的遮断がある。
    なお、自然法から法実証..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。