【2016年度合格リポート】Z1115 道徳教育の研究(中) A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数109
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育課程で、2016年度にA判定にて合格したリポートです。
    コードは、高等学校地理歴史、中学校社会課程のZ1115です。
    コードが違っても、設題が同じ場合はご参考にして頂けるかと存じます。
    第1設題についてまとめております。
    あくまでも、参考用としてご利用ください。
    丸写し等は一切禁止されております。
    十分にご注意願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第1設題:道徳教育の意義について述べよ。
    1.道徳とは
     道徳とは何か。広辞苑では「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為を規制するものとして、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的なもの」、大辞林では「ある社会で、人々がそれによって善悪正邪を判断し、正しく行為するための規範の総体。法律とは違い外的強制力としてではなく、個々人の内面的原理として働くものをいい、また宗教と異なって超越者としての関係ではなく人間相互の関係を規定するもの」とそれぞれ述べている。つまり、法律による拘束を受けない、人間としての生きる道であり、人それぞれの内面の中に存在するもの、ということである。しかし、日高六郎は「道徳は社会規範」の一つであるとしている。つまり、社会的に一般化、是認されているものであるため、ある程度強制されるものである、ということである。そのため、道徳は、個人の自発性によって支えられている部分と、社会から強制されている部分の二つが存在しており、社会秩序の維持のために、社会的進歩を押し止めようと作用する場合が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。