【2015年度合格リポート】Z1306 教科教育法公民 第2設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数250
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育課程で、2015年度にB判定にて合格したリポートです。
    コードは、高等学校地理歴史、中学校社会課程のZ1306です。
    コードが違っても、設題が同じ場合はご参考にして頂けるかと存じます。
    第2設題についてまとめております。
    単元は現代社会と政治・経済です。
    あくまでも、参考用としてご利用ください。
    丸写し等は一切禁止されております。
    十分にご注意願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第2設題:「現代社会」「倫理」「政治・経済」のうち2科目を取り上げ、それぞれから一つずつ単元(主題)と本時を設定した上で、その授業の概要を説明しなさい。
    1.現代社会
    【単元】法による支配について
    【単元の目標】
     日本は法治国家である。個人の尊重や自由が認められているのも、法によって示されているからである。つまり、法により支配されながら、その中で自由や権利が認められているのである。日本において施行されている憲法、刑法、民法、条例、などの各種の法律について学び、それぞれの関係性、重要性について理解する。特に全ての法は日本国憲法に基づいていること、そして、もしその法を変えるとき、何が行われるか(手続きなど)を知る。また、三権分立について学び、法がどのようにして作られ、運営されているかについて理解する。法についての知識を得ると共にその法を守る機関や法に基づく職業について学ぶ。裁判所、検察、弁護士、警察などである。特に、裁判所については、最高裁判所、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所などの種類と、刑事事件と民事事件、裁判の方法、三審制などについて理解する。また、最高裁判所が憲法の番人と呼ば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。