【2015年度合格リポート】Z1802 介護等体験研究 第1設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数517
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程、介護等体験研究の第1設題B判定のリポートです。
    2015年度に合格いたしました。
    コードはZ1802です。
    第1設題についてテキストのみでまとめられています。
    あくまでも、参考用としてご利用ください。
    丸写し等は一切禁止されております。
    十分にご注意願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     設題:なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
    1.政策が狙う介護等体験
     介護等体験は、平成9年に制定された法律により、小・中学校の教員免許取得希望者が取得に必須の体験として設けられたものである。教員志望者が体験を通じて、個人の尊厳や社会連帯の理念に関する認識を深め、教員としての資質向上、義務教育の充実を目的としている。つまり、「個人の尊厳や社会連帯の理念」を深めるためのものである。
    2.病気や障害のある人を理解するための介護等体験
     病気や障害がある人もない人も、その命の重さは等しく大切なものである。年齢、病気や障害の程度、有無等で軽んじる命は存在しない。ただ、自立した行動が難しかったり、人のサポートをより多く必要としたりするだけである。しかし、社会はそうした人々を軽視し、配慮の足りない社会、そうした人々が生きづらい社会を作り出してしまった。全ての人が共存共生出来る社会をつくりだすためには、まず、そうした病気や障害を持った人について理解する必要がある。病気や障害にも、種類、程度があり、サポートを必要とする量や、求めることが違う。そうした、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。