【2015年度合格リポート】 Z1305 教科教育法地理歴史 第2設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数388
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程、教科教育法地理歴史の第2設題B判定のリポートです。
    2015年度に合格いたしました。
    コードはZ1305です。
    第2設題のハイチ革命についてまとめています。
    テキストのみでまとめられています。
    あくまでも、参考用としてご利用ください。
    丸写し等は一切禁止されております。
    十分にご注意願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第2設題:学習指導要領における世界史Bの内容(4)「諸地域世界の結合と変容」のウ「産業社会と国民国家の形成」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストp.12にある3つの社会科観・p.92にある「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業を関連させて考察しなさい。
    1.「産業社会と国民国家の形成」の授業はどうあるべきか
     「産業社会と国民国家の形成」の授業に関して、学習指導要領には「産業革命、フランス革命、アメリカ諸国の独立など、18世紀後半から19世紀までのヨーロッパ・アメリカの経済的、政治的変革を扱い、産業社会と国民国家の形成を理解させる」(学p.41)とある。学習指導要領、テキストの内容を踏まえ「産業社会と国民国家の形成」の授業のあり方を以下のように考察した。
    2.「世界最初の奴隷解放革命・ハイチ革命を扱って」の授業実践分析
     この授業は、過酷な奴隷支配の中、奴隷たちの解放闘争の意義を学び、大西洋の両側で同時展開したハイチ革命とフランス革命の相互関係を考察し「大西洋革命」の内実を理解することをねらいとしている。
     このねらい通りの授業を行うために、筆者は次の6点をポイント..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。