【2015年度合格リポート】 Q0703 自然地理学 第1設題  A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数592
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の通信教育課程で、2015年度にA判定にて合格したリポートです。
    コードは、高等学校地理歴史、中学校社会課程のQ0703です。
    コードが違っても、設題が同じ場合はご参考にして頂けるかと存じます。
    第1設題で後半は京都府についてまとめております。
    あくまでも、参考用としてご利用ください。
    丸写し等は一切禁止されております。
    十分にご注意願います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     第1設題:わが国の地形の特色と形成過程を概観せよ。次にひとつの県(都道府)を選び、そこに分布する地形の特色を詳述せよ。
    1. わが国の地形の特色と形成過程
     わが国「日本」は、険しい山、少ない平野を持ち、そして多くの島々から成る。そんな日本の地形の特色と、どのようにして形成されたのかを以下に概観する。
     日本は、環太平洋造山帯に属する弧状列島である。プレートの境界としては「せばまる境界」に位置し、4つのプレートの境界に位置する。(図1)4つのプレートとは、大陸プレートである、ユーラシアプレートと北米プレート、海洋プレートである、フィリピン海プレートと太平洋プレートである。この4つのプレートの境界に位置しているということが、日本の地形の形成に大きく影響している。
     日本は列島を成しているが、この骨組みは第三世紀以前に起きた3回の造山運動によって形成された。最初の造山運動は本州造山運動で、この運動により西南日本の骨格がつくられ中央構造線がつくられた。次に起きたのが日高造山運動である。この運動では主に日高山脈が形成された。最後に起きたのがグリーンタフ造山運動である。これは、先の日高造山運動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。