Z1102  教育原論1 【第1設題】2016年 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数117
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1102  教育原論1 【第1設題】2016年 A判定
    【第1設題】ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について述べよ。
    【判定】A判定
    【所見】字数、理解度、ともに十分です。大変よく書けています。

    レポート作成の参考になればと思います!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について述べよ。
     ソクラテスの教育学的意義について、テキストを参考にまとめていきたい。
    ソクラテスについて
    ソクラテスは前470/469年にギリシアのポリス(都市国家)の一つ・アテナイに誕生する。若いころは自然研究に没頭し、また三度にわたりペロポネソス戦争に従軍した。40歳頃には自然研究をやめ、人間の探求へと情熱を傾けるようになり、アテナイの街頭や体育場などで対話の相手を見つけ、道徳や倫理の問題について討論を行った。しかし、若者に対して当時の政治や道徳を批判する啓蒙活動は、前399年にアテナイ人から「青年を腐敗させ、邪神を信仰した」として裁判にかけられることとなった。死罪の判決を下されたソクラテスに対して友人達は金銭による他国への亡命を勧めたが、「悪法といえども法である」と述べ、アテナイ市民としてアテナイの裁判に従い刑死を受け入れた。
    ソフィスト(職業教師)とソクラテス
    ソクラテスが活躍する当時のアテナイでは、青年達に知識や弁論術を教えることで報酬を得た「ソフィスト(職業教師)」が活躍していた。ソフィストの代表人物としては、プロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。