【PA2120】障害者教育総論【1単位目】【2015】【明星大学】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数230
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    使用教科書
    『特別支援教育―理解と推進のために―』
    石部元雄・柳本雄次編著(福村出版)

    1…特別支援教育推進の基本的視点と概要について述べなさい。
    2…特別支援教育における連携体制について、特別支援教育コーディネーターの役割を中心に述べなさい。

    【総評】
    自分のことばで記述されていることを評価します。これからの特別支援教育のキーワードは、インクルーシブ教育・合理的配慮・共生社会になります。おさえておきましょう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別支援教育を推進する動きは、人が教育を受ける権利と同様に幸福追求権が基盤になっていると考える。そのため、従来の特殊教育が果たしてきた役割や実績を継承・発展させていくことを大切に、障害のある幼児・児童・生徒の自立や、社会参加に向けた主体的な取組みを支援するという視点に立ち、一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善又は克服するため、適切な指導及び必要な支援を行うことが、特別支援教育における基本的視点として重要だと考える。
    活動概要としては、相互理解の促進や交流を目的とした、障害のある子どもと障害の無い子どもの共同学習の積極的推進がある。その際、特別支援教育支援員の学級への配置も促される。支援員は適切な支援を行うだけでなく、個別の指導計画を作成する。一人一人に対して細かい支援を行うためである。また、こうした支援の考え方を子どもたちに示すことで、彼らの確かな学力の向上や豊かな心の育成にもなると考えられる。
    更に、教育的ニーズは多様であり、不変のものでもない。小学校又は盲・聾・養護学校の小学部に入学した者も、その実態等に応じて就学先を変更することによって、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。