看護計画 下顎骨骨折固定後 #1安楽障害 #2栄養摂取バランス以上:必要量以下 #3清潔セルフケア不足

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数870
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看護計画  患者氏名         (  歳)  担当Ns.   No.
    問題No. 看護目標・看護計画 追加・修正 解決日 #1
    目標
    1 疼痛が出現することなく過ごすことができる。
    達成期日 . .  .
    計画
    OP1 疼痛の有無、部位(左下顎部、顎間固定部位)
    2 会話、飲食後の疼痛増強の有無
    3 下顎部・固定部位の発赤、腫脹、出血の有無
    4 鎮痛薬使用状況
    5 バイタルサイン
    6 顎間固定の状況
    7 発語状態(発音不明瞭等)
    8 発言・表情(疼痛、意思疎通困難、ストレス等)
    TP1 疼痛出現時、クーリング等の疼痛軽減の援助の実施(部屋担当看護師)
      2 疼痛増強時、疼痛時指示薬の投与
    EP1  / 疼痛増強時、出血時は勤務員に速やかに伝えるよう説明する(部屋担当看護師)
    2  /  退院時指導の実施
    ①骨折部位の安静に努め、無理に開口しない。
    ②長期間、口腔内を固定していたため、歯磨き・洗口等、口腔内清潔の保持に努める。
    ③疼痛・腫脹出現時は受診する。
     
    評価日 . . .
    看護計画  患者氏名         (  歳)  担当Ns.   No.
    問題No. 看護目標・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。