誤嚥の予防

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数118
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    誤嚥実習事前課題

    代表キーワード

    誤嚥の予防誤嚥

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    誤嚥の予防
    誤嚥を起こしやすい人を見分ける視点
    ・水分だけにむせる。食べはじめにむせる。食事の途中からむせる。
    ・意識レベルが低下している。見当識障害がある。
    ・食物を口の中に溜めたまま噛み続けたり、促してやっと飲み込んだりする。
    ・食べるととても疲れる。
    ・食事に要する時間が長くなってきた。
    ・食事中に咽頭部の不快音が聞こえる(ゴロゴロしている)。
    ・ひどい咳が続いている。
    ・嚥下した水分が鼻から逆流する。
    ・経鼻酸素吸入中である。
    ・義歯を使い始めたばかりである。
    誤嚥を防ぐ接触介助方法
    ・氷片あるいは水1~2mlを舌下に入れ、嚥下運動ができるかどうかを確かめる。
    ・可能な限り上半身を起こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。