筋肉内注射事前レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数129
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護校内実習事前課題

    代表キーワード

    看護筋肉内注射

    資料紹介

    校内実習で筋肉注射を行う際の事前学習課題で作成したレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    筋肉内注射 intramuscular injection
    注射実施組織と部位
    筋肉内注射は筋肉内に注射針を刺入するので、皮下注射よりも深く刺入する。したがって、刺入の角度は、筋肉が皮膚表面から浅い部分では皮膚と注射心の角度を約45度程度にするが、深い部分は90度にして行う。
    注射部位は、上腕の三角筋や臀部の中殿筋、大腿部の大腿四頭筋外側広筋の中央部付近が神経や血管の分布から見て、適切とされている。
    三角筋は衣服の袖を脱いで上腕上部から肩を露出させ、腕を横に上げると上腕の肩峰よりやや下部が膨隆する筋肉である。その筋肉の肩峰先端から3横指下を左手の母指と他の指で大きくつまみ上げて注射針を刺入する。
    使用物品
    トレイ
    注射指示箋(患者名・薬剤名・量・適用方法など)
    注射薬(注射箋の指示薬)
    注射器(ディスポーザブル製品)
    注射針(ディスポーザブル製品)→22~23G、RB(筋肉が薄い場合はSBでもよい)
    滅菌袋入り小トレイ
    小鑷子と鉗子立て(必要時)
    アルコール綿花入れとアルコール綿
    アンプルカット(必要時)
    小膿盆
    実施方法
    <準備>感染予防を考慮して、以下の準備は準備室で行う。
    ナース..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。