肝細胞癌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数113
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実習看護課題肝細胞癌

    代表キーワード

    看護実習肝細胞癌

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肝細胞癌
    肝臓癌(肝細胞癌)は、肝細胞から生じる癌(原発性肝癌)の1つです。
    肝臓癌は、肝臓から生じる癌(原発性肝癌)の中で最も多くみられます。B型肝炎ウイルスによる慢性感染があると肝臓癌のリスクは100倍以上にもなります。C型肝炎ウイルスの慢性感染も肝臓癌のリスクを増大させます。肝臓癌は、癌の原因物質(発癌物質)によって生じる場合もあります。肝臓癌が多い亜熱帯地域では、ある種のカビがつくるアフラトキシンという発癌物質による食物の汚染がよくみられます。
    北アメリカやヨーロッパなどの肝臓癌が少ない地域では、長期にわたる肝硬変(肝臓の重度の線維化)のあるアルコール依存症の人が、肝臓癌患者の多くを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。