肝硬変症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数91
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護実習課題肝硬変症

    代表キーワード

    看護実習肝硬変症

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肝硬変症
    肝硬変症は、肝小葉が広範に破壊され、それに伴って繊維化が増強されるために、肝臓の構造に改変を見る不可逆性の病変であり、種々の肝障害の終末像でもある。肝臓は全体的に硬度を増すので、この名がある。肝硬変症はしばしば肝細胞癌を合併する。
    原因
    原因としては種々の因子が考えられるが、慢性肝炎からの移行、慢性の栄養障害、アルコールの長期飲用、毒物による中毒などの他、慢性のうっ血、胆汁のうっ帯、寄生虫などによっても引き起こされる。男性に多く大部分が中・高年者である。
    症状
    肝細胞の機能不全、門脈圧の行進を反映した種々の症状が見られる。患者は倦怠感、上腹部の鈍痛及び膨満感、食欲不振などを訴え、重症..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。