日大 通信教育 商品学 分冊Ⅰ 合格レポート 平成27-28年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数161
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートになります

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成27-28年度 商品学 分冊Ⅰ 単位4
    横書解答
     現代商品の商品特性を考える -○○○○○-
    注意:必ず、各自でサブタイトルの○○○○○を提示してリポートすること。
    <ポイント>
     現代商品は、モノ性・サービス性・情報性が結合して、商品価値が形成される。その構造や論点が提示されていること。
    <キーワード>
     機能・性能、サービス、付加価値、便益の束、商品価値の形成
     電子媒体(スマートフォン、タブレット)が普及し、中でもスマートフォンの保有率は数年で50%以上になっており、そのスマートフォンの機能・性能に日常生活を利用しての商品サービスが飛躍的に増えてきている。その中の一つにAR(Augmented Reality:拡張現実感)がある。ARはスマートフォンに搭載されているカメラや位置測位を使い、我々利用者に様々な有益な情報を提供している。
     調査会社の発表によると2020年までに世界のAR市場は12兆円規模になると言われ、その規模向上の鍵となるのはスマートフォンで特に普及率が高い日本市場と言われている。
     ARをパッケージに導入する利点は3つ考えられている。①印刷物に動きはないが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。