日大 通信教育 貿易論 分冊Ⅱ 合格リポート 平成27-28年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数174
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成27-28年度合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成27-28年度 貿易論 分冊Ⅱ 単位4
    横書解答
     世界貿易の自由化に取り組んできたGATT・WTOに共通する考え方、WTOの仕組み上の特徴、WTOが直面する課題について論じた上で、FTA(自由貿易協定)及びEPA(経済連携協定)とは何か、さらに、これらとWTO協定との関係について述べなさい。
    <ポイント>
     テキストを読み、GATTとWTO、及び地域経済統合に関する基本的理解をきちんと示すこと。また、GATTとWTO に共通する考え方、FTA・EPAとWTO協定との関係について述べる際には、関係するGATTの基本原則の説明と根拠となる条文(例:地域経済統合(GATT24条))を示すことが望ましい。字数の指定、及び誤字脱字に注意すること。
    <キーワード>
     ブレトン・ウッズ体制、無差別原則、紛争処理手続、地域経済統合、ラウンド
    1 GATT・WTOの成立と発展
    第一次世界大戦の戦場となった欧州では、工業基盤が破壊され、国内経済は疲弊しきっていた。一方で戦場から離れていた米国は戦争特需に沸き、経済的繁栄を続けていたが1929年に米国株価暴落が発生したことによる世界大恐慌と呼ばれる状態..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。