日大 通信教育 英文法 分冊Ⅱ リポート 平成27-28年度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数295
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成27-28年度版の合格リポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成27-28年度 英文法 分冊2 単位4
    横書解答
     「完了相」(Perfect Aspect)について、具体的な例文を提示しながら群述しなさい。(通信教育教材はもとより、他の文法書を必ず参照すること。なお、具体例の提示がないもの、1900字未満のレポートは認めません。)
    <ポイント>
    現在完了形の意味用法について述べることはもちろんのこと、過去形との違いを織り交ぜながら論ずることが大切です。
    <キーワード>
    現在完了形、「現在とのつながり」、過去時制
    <参考文献>
    『英文法解説(改訂三版)』江川泰一郎著(金子書房) 他。
    現在完了形(have or has + 過去分詞)は4つに分けることが出来る。
    1 完了:今まで行っていたことをやり終え、その結果現在どんな状況になっているかを表すときに用いる。John has just sneezed. (ジョンは今くしゃみをした)。 already, just, now, yetなど、動作の完了に関わる副詞と一緒に用いることが多い。
    2 結果:過去の事件が何らかの結果を残しているときに用いる。 You have had an accident..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。