政治

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題
    「議会政治について」

    参考
    「Wikipedia強行採決」
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E8%A1%8C%E6%8E%A1%E6%B1%BA




    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                             
    議会政治とは、「国民が代表者を選出し、その代表者が議会を組織して、国民に代わり国民のために政治を行う」ことである。
    そして、議会を政治を支える原理として「代表の原理」「審議の原理」という二つの原理がある。
    まず、代表の原理とは「選挙により選出された代表者は地域代表ではなく、国民代表でなくてはならない」というものである。この代表というのは、「私人間で、意思を委任する代表」とは異なり「特定の階級や党派、地域住民などの国民の一部を代表する者」ではなく、全国民の意思を代表する者を指している。
    ただし、現実はいくつかの問題点があり、まず一つが「国民全体の代表というよりは、地域代表(選挙区の代表)という傾向が強くなっていることだ。この背景には、代表者は選挙で当選することにより政治生命を維持することができ、地元選挙区の有権者の一票が重要になってくることがあげられる。
    もう一つの課題は、「選挙区の有権者の要求を無視し、国民全体の立場だけを優先すると、地元有権者が反発して票が集まらず、落選する危険性がある」ということだ。全国民の意思を代表する者であるは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。