【相談援助の基盤と専門職】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数434
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成校での課題の合格レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:相談援助の基盤と専門職
    課 題:社会福祉の専門職に求められる倫理について述べなさい。
    日本社会福祉士会における倫理基準にも明確であるように、社会福祉における専門職にとって
    は、①利用者に対する倫理責任、②実践現場における倫理責任③社会に対する倫理責任④専
    門職としての倫理責任があることを十分認識しておかなければならない。
    利用者に対しては、先入観や偏見を排した、あるがままの受容と共感、利用者の利益を最優先
    に考え、非審判的態度で接していくこと、性的差別や虐待を禁止されていることは基本的なこと
    でもあるし、意志決定能力が不十分な利用者に対しても、利用者の利益と権利擁護をはかり、自
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。