【2016年度版】S0536 人権(同和)教育 【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数214
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【2016年度版】S0536 人権(同和)教育 【A評価】

    第一設題:50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること

    教科書の内容を簡潔に述べています。
    少しでもお役に立てれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること
    【序論】
    同和教育とは、同和問題を解決するための教育や営みの総称である。これは、同和問題を解決するための「教育以外の取組」もあるということを示しており、「部落解放運動」や「同和行政」がその取組にあたる。これらはそれぞれが単独に存在して同和問題の解決を目指してきたのではなく、お互いが密接に関連しながら、同和問題の解決を目指して取り組まれた結果、解決に向けた一定の成果が生まれてきたのである。1965年8月に出された「同和対策審議会答申」では、同和問題の早急な解決は、国の責務であり、同時に国民的課題であるとの考え方が示されている。また、部落差別により、雇用の面では主要な生産関係から排除さていために「貧困」の状態におかれたまま放置されたこと、居住の面でも「劣悪な環境」を余儀なくされていたこと、その結果として子どもたちに十分な教育を受けさせることができず、「貧困」「劣悪な環境」から抜け出せないという、いわゆる「差別の悪循環」を生み出していたことが見て取れる。また、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。