米文学史 第二設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数34
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第二設題です
    B判定ですので、ご了承ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。
     
    アメリカ文学は19世紀半ばに飛躍的に成長した。アメリカ文学史上次々と優れた作品を生み出し、最も輝かしい時代の一つであり,アメリカン・ルネサンスと呼ばれる。この時期の作家、ポー、ホーソーン、メルヴィル、エマソン、ソロー、ホイットマンについて論じていく。
    ポーはアメリカを題材とした作品ではなく、普遍性をめざした短詩や詩を描いた。ポーの関心は、人間の理性や理性の限界や人間の情念や想像力といった、人間の内面的な世界である。有名な作品「アッシャー家の崩壊」の作品の舞台は、アッシャーの屋敷であるが、この屋敷はアッシャーの精神と繋がっており、陰鬱なものとなっている。この話は、昔の級友アッシャーの古い邸を訪ねた語り手が、兄ロデリックは最愛の妹が死んでから錯乱し、最後には屋敷が崩れてゆくさまを描く。すさまじい気迫で描いたこの作品はゴシック小説の代表作である。
    ホーソーンの代表作「緋文字」は17世紀のボストンを舞台背景としている。物語は美貌の人妻へスター・プリンが、自ら赤い布から切り出した姦淫女の頭文字Aを、姦通罪を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。