英文学史 第二設題 A判定 2015年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数217
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価(直すところはなし)となった作品です
    他のかたのような完成度の高すぎる作品は、手が届かないと
    いったかたがおられましたら、こちらの作品を参考にしていただく
    とよいと思われます。
    そのまま使われるのは避けたほうがよろしいと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい
    18世紀の散文、詩、劇の時代背景について
    産業革命が世紀半ばから起こり、科学技術の進歩などが目覚ましく、イギリスは世界の強国となる。政治や経済が発達したことで、立憲君主制の確立や自由民権思想の普及といった近代的な国家として先駆けていく。立憲君主制とは君主が憲法にしたがって、政治を行う制度である。また、人々が自由に政治に参加できるようにと民権思想の拡大が起こる。
    この時代の文学は理性と常識に主眼を置いた新古典主義時代であった。これを「オーガスタン時代」と呼ぶ。そして、18世紀には社会を風刺することを目的とする風刺文学が非常に栄える。
    18世紀の散文、詩、劇の作品や作家について
    Defoeはリアリズムの階級に生まれ、現実をそのまま映し出す実写主義である。Defoeの文学の根幹は、事実をそのまま映し出すこと・文学的な面白さ・道徳的な教訓があるかということであった。Defoeはイギリス最初のジャーナリストであり、AddisonやSteeleによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。