《2016年》明星大学通信「重複障害・LD等の心理・生理・病理2単位目」特別支援 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数128
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度の明星大学通信教育部「特別支援コース」「重複障害・LD等の心理・生理・病理2単位目」のレポートです。無事に合格をいただきました。今後レポートを書かれる方の参考になれば幸いです。

    〈レポート課題〉
    1.重複障害(重度・重複障害を含む)の概要(定義、原因、分類等)と心理特性について述べなさい。
    2.LD・ADHD・自閉症スペクトラム症(自閉症障害)の各概要(定義、原因、分類等)と心理特性について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ⚫️2単位目重複障害、LD等の心理、生理、病理2単位目
    ≪レポート課題≫
    1.重複障害(重度・重複障害を含む)の概要(定義、原因、分類等)と心理特性について述べなさい。2.LD・ADHD・自閉症スペクトラム症(自閉症障害)の各概要(定義、原因、分類等)と心理特性について述べなさい。
    ≪これより本文≫1.重複障害(重度・重複障害を含む)の概要(定義、原因、分類等)と心理特性について述べる。 重度重複障害は、1975年の「重度、重複障害児の学校教育の在り方」によると、「視覚、聴覚、知的、肢体不自由、病弱を2つ以上あわせもつ者。精神発達の遅れが著しく、ほとんど言語をもたず、自他の意思の交換、環境への適応が著しく困難であり、日常的に介護が必要な者。破壊的行動、多動傾向、異常な習慣、自傷行為、自閉症、その他の問題行動が著しく、常に介護が必要な者」としている。    重度の知的障害者と肢体不自由を重複している重症心身障害は、脳の障害が原因で起こる。発生時期は、胎生期、周生期から新生児期、生後5週以降に分けることができる。分娩異常などの出生時、新生児期の原因が最も多く、その内容は、低酸素症または仮死..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。