相談援助の理論と方法4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数95
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ソーシャルワークにおけるケアマネジメント(ケースマネジメント)について説明しなさい」社会福祉士通信課程、評価A(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉養成講座7相談援助の理論と方法」中央法規2015 です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用ことなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケースマネジメントとは利用者の社会生活上のニーズ充足のため、適切な社会資源と結びつける手続きの総体として定義されている。始まりは1970年代のアメリカにおいて精神障害者の在宅支援を対象とした手法であるが、世界中に広がると共に、精神障害者のみならず、高齢者や他の障害者へと領域も拡大してきた。日本では平成2年から試行的に始められたが、平成12年に施行された介護保険制度に本格導入され、それ以前のケースマネジメントの呼名から、ケアマネジメントと呼ばれるようになった。
    ソーシャルワークにおけるケアマネジメントにおいて最も重要なことは、援助対象者に対するさまざまな社会資源の有効な活用である。健康状態を良く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。