就労支援サービス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「生活保護受給者に対する就労支援の必要性と就労支援を行う上で配慮すべきこと」社会福祉士通信課程、評価A(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉養成講座18就労支援サービス」中央法規2015 です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用ことなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    貧困や低所得問題に対応する制度として憲法25条の生存権の理念に基づいた社会保障制度がある。この社会保障には生活困窮状態に陥らない為、いわゆる防貧としての機能をもつ社会保険や社会手当と貧困状態にある人々の、救貧の役割を担う公的扶助がある。すなわち社会保険による所得給付では賄いきれないほどのリスクが生じた場合には最後のセーフティーネットである公的扶助としての生活保護制度(以下:制度)が存在するのである。
     この制度において重要なことは自立の助長であるが、現在では長引く不況のなかで生活保護を必要とする者が急増すると共に、制度疲労を起こし機能不全に陥っているとされる。それゆえ改めて制度の理念や目的を見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。