権利擁護と成年後見人制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数71
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士通信課程、評価B(A~D判定中)のものです。 参考文献は「新・社会福祉養成講座19権利擁護と成年後見人制度」中央法規2015 です。 文字数1200字程度。全文をそのまま使用ことなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題事例を基に権利擁護と成年後見人制度について、事例への対策について、以下考えを述べるものとする。
    事件の概要は、ここ1年で「まだらボケ」のような状態になったAさん80歳が、必要ないと思われる総額500万円のリフォーム工事を受け、今後の生活に困っているというものである。また契約書類も受領し、代金も支払い済みで、施工後2週間を過ぎているという現状である。
    上記事例で問題となるのは、まずAの意思能力である。日常生活に支障はないものの、現状を認識することは出来きても、それが原因となりどのような結果を生じるかまでは理解できていない状態と思われ、判断力は著しく不十分と言える。このような状況におい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。