相談援助演習②(現代社会で起きている社会的排除や貧困についてソーシャルワークの課題と実践について考えを述べよ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数344
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (現代社会で起きている社会的排除や貧困についてソーシャルワークの課題と実践について考えを述べよ)社会福祉士通信教育、評価A(A~D判定中)。 参考文献は「新・社会福祉養成講座:相談援助演習」中央法規2015 です。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用ことなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新聞記事の事件を基に低所得者への相談援助演習の事例として取り上げ、ソーシャルワークの課題と実践について、以下考えを述べるものとする。
    事件の概要は「生活に困窮して家賃を滞納した母親が、公営住宅から強制退去させられる当日、中学2年の一人娘を殺害した」とされるものである。母親(以下Aとする)の夫は数百万円の借金があり、その返済や生活のためにA名義でも消費者金融から金を借りた。後に離婚し、パートをしながら返済を続けるも家賃を払えなくなった。娘の制服を買うためにヤミ金融にも手を出したが、生活保護は受けられなかった。国民健康保険料も滞納し、月1万2800円の家賃滞納が約2年間続いたため、県が住宅明け渡し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。