地域福祉の理論と方法②「地域福祉推進における住民参加の意義または役割について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数275
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「地域福祉推進における住民参加の意義または役割について社会福祉行政における住民参加の課題を述べなさい」通信教育、評価A(A~D判定中)のものです。  参考文献は「新・社会福祉養成講座9地域福祉の理論と方法」中央法規2015 です。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用することなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉政策は時代と共に変遷し、その様態は常に変化していると言える。以前は国家の施策として統一的なサービスが図られていたが、地方分権に移行し、地域住民の意見も大きく反映されることになった。またこれに伴い、施設中心の施策から、日々の生活域を基盤とする在宅での自立した生活が重視されるようになる。すなわち、国家施策を受動的に利用することから、能動的に福祉施策を創作することが可能になったとも言えるのである。これら地域福祉には地域住民の協力と参加が必要不可欠であり、住民参加の意義と課題について論じたい。
     地域福祉推進における地域住民の参加の意義・役割とは①当事者をエンパワメントし、地域ケアを進める②生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。