相談援助の理論と方法②「ソーシャルワークにおける生活モデル、ストレングスモデルについて説明しなさい」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数441
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「ソーシャルワークにおける生活モデル、ストレングスモデルについて説明しなさい」通信教育、評価A(A~D判定中)。  参考文献は「新・社会福祉養成講座8相談援助の理論と方法Ⅱ」中央法規2015 です。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用ことなく課題の参考にしてください

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ソーシャルワークの実践において、クライエントは様々な個性的・具体的・特殊性を持った問題を抱えている。それらの問題可決にはその実践において、基礎的かつ共通的な方法や技術が必要であるが、その代表的実践モデルとして生活モデルとストレングスモデルがある。二つのモデルについて、知的障害者入所施設に入所するAさん(以下Aとする)のケースを用いて説明したい。Aは40代後半の自閉症の男性であり、2語分を話し、ADLもほぼ自立している。施設内では午前中に朝の会と呼ばれる集まりがあり、室内にて体操や楽器演奏を行っている。また午後は農耕活動に従事し、畑仕事を行っている。Aは2年ほど前から、朝の会では耳を塞ぎ、途中か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。