現代社会と福祉①「日本における社会福祉の歴史的展開と、現代の社会福祉の課題について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数346
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「日本における社会福祉の歴史的展開と、現代の社会福祉の課題について」通信教育、評価A(A~D判定中)。  参考文献「新・社会福祉養成講座4現代社会と福祉」中央法規2015。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用することなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二次世界大戦後の日本は物資の極端な不足や浮浪児・者、失業者であふれ、最低限の国民の生活を支える事が当時の社会福祉の第一義的課題であった。当時の日本は被援助国であり、国際社会から物資の援助などを受ける立場にあり、また社会福祉においても連合国総司令部(GHQ)の指令、勧告また指導を受けて行うことになったのである。その指示により、早期の緊急措置として「生活困窮者緊急生活要綱」を決定した。また1946年には「社会救済に関する覚書」もGHQから日本政府に示され、「無差別平等「国家責任」「公私分離」「必要充足」の原則が確認され、これに基づき、旧生活保護法が制定されるに至る。
    また47年には浮浪児、孤児対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。