相談援助の理論と方法①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数349
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題:相談援助の展開過程について、具体的な事例に基づいて説明しなさい」 通信教育、レポート評価A(A~D判定中)。「 参考文献は「新・社会福祉養成講座7相談援助の理論と方法」中央法規2015。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用することなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の展開過程について知的障害者入所施設の利用者A(以下Aとする)の事例を具体例として説明したい。Aは40代前半の男性で障害区分4であり非常に高い言語でのコミュニケーション能力を有し、精神的に不安定な面もあるが、支援者と話し合うことで自分なりに解決できる能力もある。平日は通所しているが、休日には絵画や工作物を作成する、あるいは単独でバスに乗り買い物に行くなど余暇を有意義に過ごすことも可能である。しかしながら入所施設には様々な利用者がおり、単独で出かけることの出来ない利用者が大部分である。Aは自分だけが休日に自由に出かけることについて、他利用者に申し訳ないと言い、外出などに自ら制限を課す発言..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。