相談援助の基礎と専門職:社会福祉士養成所レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数167
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)。「ソーシャルワークの源流と近代社会におけるソーシャルワークの発展についてまとめ、先人たちの歩みの中から現代に通じると思われる課題について、あなたの考えを述べなさい。」  参考文献は「新・社会福祉養成講座6相談援助の基盤と専門職」中央法規2015。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用することなく課題の参考にして下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    慈善組織協会(以下COS)とセツルメント運動、この2つによりソーシャルワークは始まったと言える。まずCOSであるが、協力に基づく慈善組織化を目指し、1869年にロンドンに誕生する。ロンドンでは多くの慈善組織協会があったが協力体制がなく、当時の社会問題に効果的に対応できていなかった。COSは地区ごとに委員会を設立し、公私の活動の情報交換のセンター的役割を担うことで、個別的訪問調査やケース記録を集積し、そのケースごとに適切な対応を行えるよう組織化を図ったのである。この個別の訪問活動は友愛活動と呼ばれ、ケースワークの発展に繋がり、また公民、個人の慈善事業を組織化することにより、社会福祉運営の方法、技..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。