社会調査の基礎(社会調査における調査対象者への質問の方法について)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数222
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)。  参考文献は「新・社会福祉養成講座5社会調査の基礎」中央法規2015 。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用することなく課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査には大きく分けて量的調査と質的調査の二種類あると言える。以下において、その二種類についての質問の方法と特徴を整理すると共に、収集したデータの利用についての倫理的配慮について記述したい。
    量的調査とは、いわゆる統計学的調査である。すなわち母集団に対して全数調査が難しい場合に有効であり、標本調査と言えるが、サンプルデータを抽出する場合にはその確率に不均等が生じないようにする必要がある。そのため、その母集団からのサンプリングが無作為抽出で良いものか、あるいは層化抽出あるいは二段抽出方が適しているかなど、調査前の検討が必要である。量的調査は郵送などにより質問紙を用いた方法が多く採用されるが、質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。