社会理論と社会システム(家族の特徴とその変化について説明しなさい)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数339
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価A(A~D判定中)。  参考文献は「新・社会福祉養成講座3社会理論と社会システム」中央法規2015 。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用せず、課題の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族とは、少数の近親者または血縁者が住居や生活を共にし、相互の深い感情での結びつきを持った共同体であり、社会の中で最も小さい単位である。しかしながら、家族のあり方とは、時代や社会環境よって、常に変化しているものである。それ故、家族と言う言葉に対し、世代や性別などから、受けるイメージやニュアンスは人によって異なるものと言える。それでは、家族とは何か、と言ったものから明確にし、近代の家族の変化や特徴について時代に沿って説明したい。
    戦前の日本においては農業や商業を家族単位で行う、生産共同体としての性格を強く持った、直系家族制度いわゆる家制度が大半であり、家長を中心とした「いえ」を形成していた。それ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。